神戸市灘区の分譲マンションリノベーション

ようやく解体工事が完了して、内装工事開始。

今回は完全にスケルトンの状態からなので自由度の高いリノベーションが可能で、もともとカーペットで全入居者がクッションフロアを貼っていたのですが、今回は12mm厚のオーク複合フローリングを施工します。

そのため、22mm厚のL-45遮音マットを下地に施工をするとスラブから34mm上がるので、スケルトンでなければなかなか大変です。

オークの複合フローリングにアイアンやコンクリート、ガス管、サブウェイタイルなどを用いてブルックリンスタイルのリノベーション。
完成が非常に楽しみです。

こちらもご覧ください。

人気の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。