Eメールで輸入許可通知書と請求書が届く

輸入許可通知書

通関をお願いしていた旭運輸株式会社様より通関費用の請求書とともに輸入許可通知書がメールで届きました。

かかった費用の内訳は下記の通り。

  • 輸入通関料(免税)は通関業者代理で行う税関の手続(通関検査への立会い及び開披再包装等の業務)に対する手数料で申告価格が201,000円(大額扱い)以上の申告納税の場合は11,800円。それ以外の小額貨物簡易通関扱は8,600円となっており今回は大額扱いで11,800円
  • 輸入取扱料(課税)は輸入取扱1件当たりに支払う費用で相場は10,000円~30,000円程度となっており請求額は15,000円+1,200円(税)。
  • 税関検査料(免税)は今回大型X線検査があり、検査場までの運送料及びコンテナからの貨物入出庫にかかる作業料で請求額は12,000円。もし1台だけで輸入すれば立米数が減るので少しだけ安くなります。
  • 改品検査料(免税)は大型X線検査で「怪しい!」と判断されると開梱して徹底的に検査されて21,150円。こちらももし1台だけで輸入すれば立米数が減るので少しだけ安くなります。
  • 保管料/CFS:コンテナ・フレイト・ステーション(免税)とは混載貨物をコンテナから取り出して出庫する費用として1,216円。今回はFree Time(1週間)から1日引き取りが遅れたため発生。
  • 作業料(免税)はトラック受入出庫で税関検査後の再入出庫料10,906円
  • 通関証明申請料(免税)は運輸支局等での国内新規登録の際に必要な通関証明書の発行手数料、1,300円×2台分。
  • 収入印紙代(不課税)400円×2台分。
  • そして関税40,000円。こちらも1台になればその分安くなります。

これでようやく貿易に関しては無事に終了。
明日はついに引き取りしてナンバープレートの取得です。

通関請求書

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL