モトベカンの専門店に行く

不具合のあったパーツを受け取り、今後のメンテナンスのためにモトベカンを購入した専門店に行ってきました。
先ずは不動のダミーメーターですが、どうもこの年式のモトベカンは店舗などのディスプレイ用として流通しているためメーターは基本的にはダミーらしく、もし実働するメーターが欲しければフランスから輸入して、前輪ドラムブレーキの横に車速を感知するための装置を取り付けて…と費用も掛かるし面倒臭い。
まぁたいしてスピードが出るワケではないのでメーターは諦めて、次はパワーアップ。
僕のモトベカンの非力さが当たり前なのか同じく49ccのモトベカンに試乗してみるコトに。

モトベカン

こちらは僕のよりも古く、オリジナルのモトベカンで、本来なら僕のモトベカンよりも非力なはず。感覚的にはパワーは似たような感じですがこちらの方がスロットルに対してスムーズな感じ。

モトベカン

比較的新しいモトベカン…と云っても80年代のモデル。こちらは75ccで必要十分なパワーですが、僕のモトベカンのフレームではこのパワーは強すぎるかも。

モトベカンのキャブレター

75ccにボアアップするのは僕の技術的にも難しそうなので、他の解決策を探して、結局のところはキャブレターをキッチリ掃除してみると云うコトで。とりあえず何処を外すのかレクチャーしてもらいました。

モトベカン

こちらは僕のタイプと似ていますが、ほんの少し新しくてライトは四角形。メーターはこちらもダミーでした。

このスクーターは何か分かりませんでしたが、1台は雑に使えるこう云うのが欲しいなぁ…なんて物欲が。

モトベカンのバッグ

モトベカンのサイドバックとハンドルバックを発見。これに合わせたサドルを作って、車体の色はサンドブラウン、ホールドの蝋引きに…と次回はその方向で作ってみようかな。先ずは今手元にあるモトベカンをなんとかしないと。

プジョーのバッグ

ちなみにプジョーのハンドルバッグもありました。
プジョーのモペッドや自転車のハンドルバーに取り付けても格好良いですね。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL