モトベカンのタンク内の錆を除去する

先週の日曜日にモトベカンのタンクを取り外して、タンク内部を見るとゾッとするぐらい錆だらけ。
その時の写真をなぜ撮らなかったのか後悔していますが、あまりの衝撃ですぐに『花咲かG』を20倍に希釈して投入し、待つこと24時間。

しかし24時間後の早朝にタンクを確認するとバルブの口をシッカリと塞いでいなかったため液が殆ど漏れておりタンク内の錆は少しマシになったもののまだまだザラッとした感じ。

この写真が24時間後のタンク内ですが、最初の写真がないので比較しようもありません。
しかしコレでもマシになった方。

仕方がないので、今度はバルブの口を完全に塞いで、液が漏れないように処置を施した上で再度『花咲かG』を投入。
しかし自分自身のスケジュールの確認を怠り、その夜から出張に出かけてしまい、結果48時間経過して、今朝早起きしての確認。

結局写真では全く伝わりにくいのですが、結果的には非常に綺麗な状態にまで回復しました。

今回の処置でタンクを外したりしているうちに何か所か塗膜が剥がれてしまい素地の金属が見えてしまっており、この辺りは錆止めを施して再塗装をしてから組み直しです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL