ベトナムでベスパを探す

インドネシアでは好みの商品が見つからずベトナムで探すことになりました。

しかし首都ハノイではそもそも新しいベスパばかりで、古いベスパは街中では殆ど見かけず、現地にいる方にその理由を尋ねると、そもそも北ベトナムは中国、ロシア側の文化圏で、旧サイゴンであるホーチミン市の方が欧米文化のため、古いベスパを探すならホーチミン市の方が良いと教えて頂き、ホーチミン市に移動してベスパ探しをスタート。

ベトナムのベスパ

ベトナムのベスパ

ベトナムのベスパ

ベトナムのベスパ

ベトナムのベスパ

ベトナムのベスパ

ベトナムのベスパ

ベトナムのベスパ

インターネットで「Vespa Vietnam」と検索すると専門店が数多くヒットして英語でも掲載されていますが、綺麗なホームページとは裏腹に実際にお店に行くと殆どが町工場のような雰囲気で、英語もままならない状態。価格はUS$2,000(船代別)~とインドネシアと同価格帯ですが、商品としてはまるで新車のように美しいモノにすればやはり相応の価格。途方に暮れていると、日本でお世話になっている同業の商社さんのベトナム人スタッフがベスパのマニアで、100台以上所有しており海外に輸出経験もあると云うので紹介して貰いました。

Nguen(ングェン)さんと云う日本語も達者な好青年で、一時は100台以上所有していたようですが現在は50台程度で、ベスパも非常に詳しいのですがそれ以上にランブレッタに精通しており希少のモデルも多数持っており、ランブレッタの場合US$4,000(船代別)~とのコト。

ベトナムのランブレッタ

ベトナムのランブレッタ

ベトナムのランブレッタ

彼に連れられて色々なベスパショップを巡り、様々なタイプを教えて頂きました。

基本的にはVBBスタンダード、VBCスーパー、VLBスプリント、ACMAの4種類で、ベトナムで販売されているものの多くはベトナム国内でボディや部品をリプロダクトされているため見た目は殆ど新車同前ですが云わばレプリカで、オリジナルとなるとタイプにもよりますがUS$3,000~で、希少なGSや90SSとなるとUS$10,000を軽くオーバーするとのコトです。まぁ僕の場合は日常的に通勤の足として使用を前提としているため、むしろオリジナルには拘らず、日本でのパーツの供給や整備性を考えてエンジンはPX150で、スタイルは古いタイプにしようと決定。価格は全て(メーターとエンジン以外)新品にして、エンジンもパーフェクトコンディションにして、塗装も全てコチラの発注通りに作成するコトで結局US$3,800(船代込)。明らかに予算をオーバーしていますが、人生に一度ぐらいバイクを自分好みに作ってこの価格ならアリだろうと納得。

Nguenさんにも色々と資料を見せてもらい結局ACMAのスワンネックにするコトとなり、細かいデザインの打合せを開始。

そんな中、たまたま訪れたバイクショップでモトベカンのモペッドを発見して一目惚れ…思わずNguenさんに「コレも一緒に包んで下さい」…と。

ベトナムのモトベカン

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL