ベスパを通勤に使う

遂にベスパで公道デビュー。自宅から僅か4km未満の会社までですが、まぁ慣らし運転にはちょうど良い感じです。

レストアしたので見た目は60歳ですが、中身は新車同前なので当然のコトですがエンジンは絶好調。軽くチョークをひいてキック一発で始動し、アイドリングも安定しています。

ミッションもカチっと入りますが、なにぶんパワーバンドが狭いので、上手にシフトアップが繋がったときは気持ち良く加速をみせますが、パワーバンドを外れてシフトアップするとモッサリとした感じ。このあたりは慣れていくに従い人馬一体になれそうな面白さです。

困った点は、エンジンの停め方が分からなかったコト。昔、125ET3に乗っていたから分かるだろう…と説明を受けなかったので、何処にキルスイッチがあるのか分からず、ベトナムに電話するとライトのスイッチを左に押すと停まるとのコト。

半信半疑試してみたらちゃんとエンジンが停まりましたが、コレは知らないと全く分かりません。

まど慣らし運転中なのでアタリがつくまで何とも云えませんが、気持ちサスペンションが硬い気がします。路面の起伏を拾いやすいのでもう少しセッティングが必要かな。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL